Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
トップ  >  あめぞうの過去ログ  >  力を合わせて情報公開を迫ろう
1力を合わせて情報公開を迫ろう 投稿者:地震君 投稿日:99年05月31日(月)09時58分30秒
★ 31日午前9時過ぎ、名古屋では、ますます煙るような地気が強まり、光線も黄色みを帯びて地震発生が近づいたことを告げている。嵐の前の静けさ現象の規模も大きく、相当な大型地震であることはまちがいない。
 この前兆が理解できないような地震学者はただちに廃業しなければならない。あなたの研究など何の意味もないからだ。多くの研究者がこの異変に気づき、政府や自治体に通告しているにちがいない。だが一切情報は公開されない。「無用な不安を与えない」などと屁理屈をつけて、外れたときの世間体を考えて公表しない馬鹿役人根性がそうさせているのだ。
 前回の亀岡市の震度4や名張市の震度4のとき、早川・吉岡グループが電磁波異常を捉えて自治体に通報したと報道されたが、腐った小役人根性のために黙殺された。今回も同じ状況だろう。だからこそ、良心的な研究者なら、予知情報のHPを一般に広く公開すべきである。高額の会費を支払った人にだけ予知情報を教える「優秀な」研究者もいるが、筆者はこれが実に面白くない。今回、まだ「強い前駆的活動」レベルだからいいようなものの、読者は力を合わせて、研究機関に情報公開を迫ろう。我々の血税は、研究者の名誉のために使われるべきでない。実際に、人の命を救うために役立てられるべきである! 青松氏から御前崎方面に異常前兆とのレポート
前
あめぞうがんばれ!応援画像(*^ ^*)
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
このあいだ
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith