Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
トップ  >  あめぞうの過去ログ  >  地震速報
1地震速報 投稿者:地震君 投稿日:99年05月30日(日)22時20分56秒
★ 30日、午後から名古屋では、中信、上信越方面のM4級断層雲が出ているが、深刻さはない。午後5時現在、満月トリガーの直下でありながら、相変わらず静けさ現象が続き、関東方面に向かう直前帯雲も確認できないので、関東方面の予測地震、遅れる可能性もある。
 読者の多くに弁解と聞こえるのを承知で書くが、4月頃から前兆と結果のパターンがはっきりと変化し、正確な予知ができにくくなった。これは超大型接近に伴うエネルギー吸収現象と見ている。地殻深部から浮上しつつある超大型震源が、中小の地震エネルギーを吸い取っていると考えるのである。過去にも、予測規模に対して発生規模が妙に小さくなった傾向の後に大型地震が発生している。今回は、その規模がハンパでない。だが、昨日の関東地方の大型前兆の結果としての地震、発生が遅れることはあっても、消えてしまうことはないだろう。ただ、関東方面M6級前兆が、新潟からのレポートだけで、名古屋で確認できないのは理解できない。昨日、出た放射状雲は関東地方、M5程度の規模だった。房総沖に出ていた前兆の結果も出ていない。もちろん、これでもかと連続している関西方面も奇妙な未発が続いている。全国に数百名のアマチュア地震前兆観測者がいるが、異変を感じていない人はいないと思う。

★ 30日朝、名古屋では五月晴れ、関西と関東に継続的な地気を感じる他は発生直前の宏観現象を確認できない。だが、電磁波には強い異常が続いている。FM文字放送の受信抑圧があり、10mFMでは関東〜北海道の交信が多い、ということは、この方面に縦型Eスポを疑う。昨日未明、報告のあった関東地方の大型前兆と、筆者の確認した神奈川県付近の異常伝播や放射状雲に対応する地震は、やや発生が遅れるかもしれない。「静けさ現象」が継続している。

★ 29日午後10時、発生直前を示すムーンシェル、赤い月など前兆は強いものではない。異常夕焼けも見られたが、直前の激しさはない。一般的な高温現象や靄ぽい地気も確認できない。この分では、満月トリガーのピークでありながら、発生がやや遅れるかもしれない。だが、「嵐の前の静けさ現象」は明らかで、数日中にM6以上が発生する可能性が強い。
 本日、午前中の神奈川県東部を中心とし、近畿・東海・関東・東北・北海道と希に見る広大で強烈な異常伝播は、断じてタダではすまない。だが、筆者は、関東・関西地方に大型が発生するとしても、まだ本番でなく前駆的活動にすぎないと考える。本番はM8級巨大地震を疑っている。今年4月以降の前兆の急変は、どう考えても超大型接近による吸収現象以外考えにくいのである。
2 投稿者:↑このバカを 投稿日:99年05月30日(日)22時24分54秒
止めてくれ
3 投稿者: 投稿日:99年05月30日(日)22時28分39秒
おまえもな
4 投稿者: 投稿日:99年05月30日(日)22時39分42秒
そう、おまえもだよ
5 投稿者:だから、 投稿日:99年05月30日(日)22時42分49秒
地震予知反対!山本撲滅!!
 投稿者:えむびーまん 投稿日:99年05月30日(日)23時26分57秒
京阪大震災や平成関東大震災、神奈川大震災の予知に成功すれば、
われわれは、スターになれると思います。
前
酷いぞネクちゃん
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
鬱の人、ひろゆきの殺人出席簿に注意
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith