Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
トップ  >  あめぞうの過去ログ  >  京都駅
1京都駅 投稿者:京都駅 投稿日:99年05月30日(日)09時55分09秒
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は吸い
込まれたものの硬貨が出ず、運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もでないので
すが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れるところ見てないんや」といわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻き
込まれてはいけないと考え、もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように機械に吸
い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は見ていたので、さすがに私も抗議し
たところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないねん!」とのありがた
いお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民の間で悪評を得ているこ
とを知っていた私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違うんだ。砂利を運んでいるわけ
じゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが使命じゃないか、機械の不備があれば客のため
に運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、突然、この運転手は、道のど真ん中で
急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけ
ました。そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視
して走り抜けたのです。情けないことに私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま
北小路のバスターミナルまで連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、ちょっと
した行き違いはよくあることですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかな
い。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合いの場を設けた方が良いだろうと名刺を
見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、一介の
町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とって
つけたような丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千
円を返し追い払おうとするではありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、「もはやこの問
題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達を
ますます甘やかすばかりで、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外
や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少しまともな対応が取れないの
か? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重
大さがしだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばか
り。あまりにこの男がおびえだしたので、なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いた
だしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、もしそんなこと
になれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずそ
の日は取りあえず帰ると、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺
いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、私は「当事者のバスの
運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないので
す。さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘っ
たところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後に
は今、京都市バスや市役所が抱えている深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り
組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき彼ら管理者達が怯
えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市
が抱える恐ろしく質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそらく京都に長年お住まいの人
にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。この問題は何一つ進展していませ
んが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです。
 京都市の市バスの職員の給与は、大赤字にもかかわらず50歳以上で年収1000万円以
上、また、定年間際だと1400万円にも達します。私は何もバスの運転手が卑しい商売だな
どとは全く考えていません。こんな事件があっても使命感をもって日夜仕事に従事しておら
れる方も少なくありません。しかし、民間のバスならばいざしらず、大きな赤字のつけを市民
に回しておいてこんな法外な年俸を払っている市町村は私の知る限り他に例がありません。
このサラリーは京都大学の教授を上回っています。
実はこのことも京都市の闇の問題が深く関わっていることを最近知りました。
どうかこの闇の問題に詳しい方、京都市をどうすればいいのか教えて下さい。
2 投稿者:頭痛い… 投稿日:99年05月30日(日)10時26分17秒
全部読みましたが、改行をちゃんと入れてくれないと、
目が付いていけません。
重大な問題だなとは思いますが、僕のような一介の民間人が、
口を挟める問題ではないと思うので、もう少し詳しい方の登場を待ちましょう。
3 投稿者:っていうか 投稿日:99年05月30日(日)10時29分56秒
こいつ内部告発でも散々書いてる。
長くてウザイ。
4 投稿者:本当に 投稿日:99年05月30日(日)11時36分37秒
ただの町医者でこんなに態度かえるのか?
5 投稿者:こういうのは 投稿日:99年05月30日(日)11時42分45秒
テレビ朝日にまかせましょう。
6 投稿者:つーかさー 投稿日:99年05月30日(日)11時46分36秒
これ結構面白いんだから、こっちに持ってきて反感もたせないでよ。
内部告発でガンガン楽しもうよ。
7 投稿者:そうそう 投稿日:99年05月30日(日)11時54分02秒
内部告発でロングランしましょう。
8 投稿者:えむびーまん 投稿日:99年05月30日(日)12時18分22秒
京都に行くと必ず、市バスが、客が待っているバス停を素通り、
客が文句を言っている光景を見かけます。
また、バスに乗っていると、チャイムを押しているのに、
通過。客が運転手に文句を言っていてる光景に出くわします。
原因は、観光客が多く、運転手へのしつけができていないからだと思います。
大阪の市バスでは、そのような話は聞きません。乗客が運転手をきちっと
しつけているからです。
バスの運転手のしつけは、乗客が行うものです。
前
掲示板分散のその後
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
あめぞうのタイトルが
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith