Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
トップ  >  あめぞうの過去ログ  >  恋愛から転載
1恋愛から転載 投稿者:う〜っむ 投稿日:99年05月27日(木)00時26分12秒
1 求ム恋人。 投稿者:23歳SE  投稿日:05月26日(水)23時31分13秒

23歳〜35歳ぐらいまで。男限定。
ただし秋葉原でよく見かけるアニオタ及び百貫デブは不可。
パソコンに詳しいぐらいなら別に問題無し。
妻子持ち、彼女持ちも不可。
当方女。死ぬほど不細工でもないが大して美人でもない程度。
それでも良いという方、レスお待ちしています。
2 投稿者:>1 投稿日:99年05月27日(木)00時32分03秒
ゲロちゃん紹介してみては
3 投稿者:@@@ 投稿日:99年05月27日(木)00時59分31秒

意識を陶然とさせる香しい吐息が俺の首筋にかかる。白磁を思わせる肌は吸い付く様な感触を掌に伝えてくれる。
溢れ出してくる喘ぎを必死に抑えているのだろう、その切なげに寄せられた柳眉と、汗で頬に貼り付いた極上の絹を思わせる髪の毛が、異様
なまでの興奮を俺に与えてくれる。

 「万葉!万葉っ!」

 「武さん!…んぐっ」

切なげに俺の呼びかけに応える彼女の薄紅色の唇にたまらずむしゃぶりつく。
すぐに俺の求めに応じてくれる彼女の舌を自らの口腔に引き込み、思うままにしゃぶりまわす。

 「んっ!……んんん」

鼓膜を内側から振るわせる彼女の艶かしい声が、俺の全身を痺れさせる。彼女の中に包まれている自らの分身を、さらに激しく突き動かす。

 「ひっ!ああああっ!」

堪らず組み敷かれた彼女のしなやかな肢体が仰け反り、俺にしがみついていた繊手が背中を掻き毟る。
が、その痛みすらさらなる快楽を呼び起こすスパイスになる。

 「くっ!万葉っ。俺、もうっ!!」

腰の奥からこみ上げてくる熱い滾りを、歯をくいしばりこらえながら、愛しい女の名を呼ぶ。

 「ああっ!武さん、武さんっ、わたしもっ!」

鈴の音を転がすような彼女の声が応えてくれる。膣が艶かしい動きで俺を締め付ける。
見事なまでの脚線美を誇る彼女の脚が俺の腰に絡み付く。
その瞬間、俺にも限界が訪れた。

 「くうっ」 

たまりにたまっていたものを全て彼女の膣中に注ぎ込む。ドクドク音を立て、自分でも信じられない程の大量の精をしぶかせた。

 「ひっ!ひあああああああ〜〜〜〜〜っ!」

深奥に濁流の直撃を受け、さらに大きく仰け反った彼女が絶叫を上げる。異様なまでの力で収縮を繰り返す彼女の「女」が俺の「男」を一滴も
逃すまいとしごき上げ、文字通り「搾り取る」。
長い長い射精を終え、彼女に体重を預けながら、俺はしばらく余韻を味わっていたが、やがて力の抜けた彼女の両脚をほどき、分身をなんとも
卑猥な粘着質の音を立てさせながら、未だ俺を逃すまいとひくつく彼女の中から引き抜く。

 「くっ」

果てたばかりで敏感な分身を襲う刺激に身を震わせながら、彼女の名を呼びかける。

 「万葉?」

だが応(いら)えは無い。
少し不安になり、横を向いたままの彼女の麗貌を覗き込んだ。
……良かった。どうやら失神しているだけのようだ。
先ほどまでの「女」の貌からは想像もつかないあどけない、童女の如き満足げな寝顔を見つめながら、俺はホッとすると同時に、これほど愛し
い女を失神するほど満足させてやれたという奇妙な自負心を覚える。
そんな自分の心の動きに苦笑しながら、枕もとのティッシュを引き抜き、彼女と俺の身体に残った情事の名残の後始末をすると、華奢な体を抱
き寄せながら、そのまま心地良い睡魔の誘惑に身をゆだねた。
3 投稿者:@@@ 投稿日:99年05月27日(木)00時59分31秒

意識を陶然とさせる香しい吐息が俺の首筋にかかる。白磁を思わせる肌は吸い付く様な感触を掌に伝えてくれる。
溢れ出してくる喘ぎを必死に抑えているのだろう、その切なげに寄せられた柳眉と、汗で頬に貼り付いた極上の絹を思わせる髪の毛が、異様
なまでの興奮を俺に与えてくれる。

 「万葉!万葉っ!」

 「武さん!…んぐっ」

切なげに俺の呼びかけに応える彼女の薄紅色の唇にたまらずむしゃぶりつく。
すぐに俺の求めに応じてくれる彼女の舌を自らの口腔に引き込み、思うままにしゃぶりまわす。

 「んっ!……んんん」

鼓膜を内側から振るわせる彼女の艶かしい声が、俺の全身を痺れさせる。彼女の中に包まれている自らの分身を、さらに激しく突き動かす。

 「ひっ!ああああっ!」

堪らず組み敷かれた彼女のしなやかな肢体が仰け反り、俺にしがみついていた繊手が背中を掻き毟る。
が、その痛みすらさらなる快楽を呼び起こすスパイスになる。

 「くっ!万葉っ。俺、もうっ!!」

腰の奥からこみ上げてくる熱い滾りを、歯をくいしばりこらえながら、愛しい女の名を呼ぶ。

 「ああっ!武さん、武さんっ、わたしもっ!」

鈴の音を転がすような彼女の声が応えてくれる。膣が艶かしい動きで俺を締め付ける。
見事なまでの脚線美を誇る彼女の脚が俺の腰に絡み付く。
その瞬間、俺にも限界が訪れた。

 「くうっ」

たまりにたまっていたものを全て彼女の膣中に注ぎ込む。ドクドク音を立て、自分でも信じられない程の大量の精をしぶかせた。

 「ひっ!ひあああああああ〜〜〜〜〜っ!」

深奥に濁流の直撃を受け、さらに大きく仰け反った彼女が絶叫を上げる。異様なまでの力で収縮を繰り返す彼女の「女」が俺の「男」を一滴も
逃すまいとしごき上げ、文字通り「搾り取る」。
長い長い射精を終え、彼女に体重を預けながら、俺はしばらく余韻を味わっていたが、やがて力の抜けた彼女の両脚をほどき、分身をなんとも
卑猥な粘着質の音を立てさせながら、未だ俺を逃すまいとひくつく彼女の中から引き抜く。

 「くっ」

果てたばかりで敏感な分身を襲う刺激に身を震わせながら、彼女の名を呼びかける。

 「万葉?」

だが応(いら)えは無い。
少し不安になり、横を向いたままの彼女の麗貌を覗き込んだ。
……良かった。どうやら失神しているだけのようだ。
先ほどまでの「女」の貌からは想像もつかないあどけない、童女の如き満足げな寝顔を見つめながら、俺はホッとすると同時に、これほど愛し
い女を失神するほど満足させてやれたという奇妙な自負心を覚える。
そんな自分の心の動きに苦笑しながら、枕もとのティッシュを引き抜き、彼女と俺の身体に残った情事の名残の後始末をすると、華奢な体を抱
き寄せながら、そのまま心地良い睡魔の誘惑に身をゆだねた。
3 投稿者:クンニ百回 投稿日:99年05月27日(木)06時27分58秒
オマエが不可>23歳SE
前
テレビ出演にあたって…
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
A列車で行こう4
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith