Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
トップ  >  あめぞうの過去ログ  >  オウムショップ大盛況
1オウムショップ大盛況 投稿者:えむびーまん 投稿日:99年05月24日(月)14時04分58秒
大阪・日本橋の電器屋街のどまんなか、地下鉄堺筋線恵美須町駅の改札口にある
エレベータで7階まであがるとそこは、オウムのパソコンショップとしては、
日本最大規模34坪の売り場面積を誇るネットバンク大阪がある。
秋葉原のネットバンクがオウムのパソコンショップである事は、昨年10月ごろからインターネット上で広まっていた。2月上旬、恵美須町の駅ビルであるMTビルにオウムの店が出来ると業界では話題になり、問題視する声が出ていた。
「オウムと言えば地下鉄サリン。地下鉄の駅ビルにはいってサリンでもまくのでは、、」(大手流通の仕入れ課長)。2月20日ごろからは、チラシ配布も行われ、チラシに使われた文字のフォントがマハーポーシャの時のものと同じで、
在庫商品はオウム系商社ハイパーシティで取り扱っているものと同一で、
日コン連ではネットバンク大阪をオウム系と断定、2月22日、日コン連バーターニュースとしてマスコミにニュース配信した。が、現在のところ、ネットバンク
大阪側は、フランチャイズで、自分たちはオウムとは無関係と言って、移転の予定はないと言っているといわれている。http://www.n-bank.com
ネットバンクは、大阪日本橋では、「安さNO1」のキャッチフレーズ通り最安値で販売。場所も、恵美須町駅改札から店内にエレベータで直結という最高立地で、現在、大阪日本橋では盛況度NO1ショップとなっている。他のパソコンショップの経営に対するダメージは大きく、「日本橋はすでにオーバーショップで価格競争が限界を超えている。そんな中で、最安値・最高立地で参入。一刻も早く潰してもらいたい。」(パソコン部品卸業者)という声が高まっている。
●ネットバンク大阪を入居させた不動産屋A産業とオウムとの妙な因果
ネットバンク大阪を大阪市交通局の所有するビルに入居させたA産業は、以前、マハーポーシャをサンキビルに斡旋した不動産屋で、オウムと噂されているファナテックの1号店を斡旋。昨年6月には、ファナテック2号店を自社ビル1階に入居させている。この件については、「すでに入っていたテナントをどかしてまで入居させ、坪4万円という相場の2倍以上の家賃で入居させているという噂」(地元不動産屋)という情報まである。
前
FBIと上院のサーバーにハッカー攻撃
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
あ〜〜〜〜あった〜〜
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith