Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
トップ  >  あめぞうの過去ログ  >  またまたスクープ?
1またまたスクープ? 投稿者:CyBazzi!ファン 投稿日:99年05月21日(金)23時40分32秒
CyBazzi!芸能うらネタジャーナルからの転載

●藤原紀香の爆乳が危ない!?、
第二のバイアグラ・"グワールオルクワ"でガン細胞大増殖!!!

あの"ガウクルワ"にガン細胞増殖疑惑が持ち上がった。賢明なる読者のみな
さんはすでにご存知かと思うが、"ガウクルワ"は豊胸剤。1日3回オッパイ
に塗り込むと、1、2週間でぐんぐん胸が膨らんでいるという夢の薬だ。
藤原紀香が使っていたとか、葉月里緒菜がヘアヌード撮影のために慌てて取
り寄せようとしたがたがニセモノだったとか、芸能界も注目の薬。バイアグ
ラ同様ネット上でも販売されているが、あまりの人気で現物は入手困難。
週刊誌や夕刊紙でも頻繁に取り上げられている。
で、この豊夢剤、成分は植物で、天然成分だから、バイアグラより安全!
を強調する業者もいたのだが、【サイバッチ!】編集部に現地タイから恐ろ
しげなタレコミが、.......。なにはともあれ、4月30日に届いた読者Tさん
からメールをお読みいただこう。

>こんにちは
>かなり信ぴょう性のあるものを提供します。
>特にインターネットなんかで、出回っている豊胸薬(美溶剤といっているが)、
>とんでもない「イカサマ薬」ってことが発覚です。
>実は動物実験(ねずみ)で乳房が膨らんだが、実はガン細胞の増殖。
>この教授、金もうけに執着で闇で人用に販売し
>このたび、当局の手で御用になりそう..とのこと。
>このネタの出どこは、タイの政治経済新聞、MATI−SHONの
>4月29日の記事からです。(JPG画像添付)
>教授の名はDr VICHAI CHUED SHEEWASART
>この植物の名は現地ではKWAOKROA
>これを使ったオカマ用の製品で●●●●●●ってのもある。
>ホントなら凄い話ですが...

で、Tさんのメールには、タイの現地新聞の画像が添付されていたわけだが、
当然のことながこの俺に読めるはずもない。そこで、独自のルートを使いタ
イの邦人向け情報誌「バンコク週報」を取り寄せると、前出のMATI-SHONを
元に書かれた"ガウクルワ"関連の記事をトップで報じていた。現地5月7日
発売、バンコク週報852号を元にTさんからいただいた情報を補足してみると
.....。

1)Dr VICHAI CHUED SHEEWASARTは研究の過程で生成した医薬品を、正式な臨
床実験・毒性検査・薬学上の検査を経ずに患者に投与、しかも食品・薬品委
員会事務局への登録申請も怠っている。
2)ガウクルワ研究の専門家である大学教授が2年間マウスに乾燥グワーオル
クワを投与したところ胸部にしこりが発生、乳癌の徴候があらわれた。
「バンコク週報」を手配してくれた人物によると、そのマウスはこの報道の
2日後に死亡したとの情報もあるそうだ。
3)ガウクルワは壮年女性向け薬品で、20代の女性が服用するのは危険。若い
服用者からは生理異常・便秘・排尿難・嘔吐などの症状も報告されている。
4)ガウクルワを原料としている化粧品は、ホルモンと同様の成分を含有して
いるため薬品として登録する必要がある。

うーん、読めば読むほどヤバソウではないか。日本の馬鹿マスコミは商売に
なれば、裏も取らずにおもしろおかしく書き立てるが、薬の副作用ほど恐ろ
しいものはない。何年か後には、藤原紀香を筆頭に乳ガン続出なんてことに
なりかねないぞ。一度足りともこの薬を記事にした媒体は、責任を取って検
証記事を流すこと。ジャーナリズムの王道をいく、【サイバッチ!】からの
警告であった。

http://member.nifty.ne.jp/~cybazzi/
前
もし障害者の女と
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
盗聴器
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith