Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
トップ  >  あめぞうの過去ログ  >  製本器の存在の有無
1製本器の存在の有無 投稿者:教えて君 投稿日:99年05月19日(水)23時45分59秒
聞くところによると、大量のコピーなどを束ねて端を圧縮
か接着かして製本してしまう機械があるそうなのですが、
探してもどこにも売っていません。というのは田舎だから
なのだろうと思いますが、本当に存在するのかと疑問に
思いはじめました。どなたか詳しいことをご存知の方
お教えください。
2 投稿者:衝撃君. 投稿日:99年05月19日(水)23時49分29秒
使った事ないけど、日経流通新聞にいっつも広告出てるよ。
3 投稿者:衝撃君. 投稿日:99年05月19日(水)23時51分17秒
ちょっと大きい文房具店じゃないかな。オフィス向けだろ。なぜかマジレス
してしまう俺。
4 投稿者:@漫画で 投稿日:99年05月19日(水)23時54分35秒
聞いてみた方がよろしいかと。
あの方々なら同人誌製作にでも使っていそうだし。
5 投稿者: 投稿日:99年05月19日(水)23時58分19秒
それ見たことあるよ
デパートの文房具売り場で見た
でも買わなかった
必要ないから
6 投稿者:教えて君 投稿日:99年05月20日(木)00時06分43秒
レスありがとうございます。丸善に行って聞いてみる
ことにしたいと思います。
7 投稿者:しいたけ武者 投稿日:99年05月20日(木)00時35分37秒
事務所で「製本太郎」というのを使ってるよ。
表紙は透明プラスティックで、背表紙の内側ににノリがついてる。
これに綴じたい紙束をはさんで、熱でノリを溶かし、
さめたらくっついてるというやつ。値段は忘れた。
使い終わったらこの機械が冷めるまで放置するのだが
必ず誰かが蹴飛ばしてしまう。
8 投稿者:しいたけ武者 投稿日:99年05月20日(木)00時40分54秒
↑に追加。
形は昔のトースターみたいな感じで
ほどよく熱しおわったらチンというとこも同じ。
大きさは50×25×10cmぐらい
便利かどうかは・・・・。何かの広告みて取り寄せてしまった。
9 投稿者:教えて君 投稿日:99年05月20日(木)00時51分09秒
製本太郎をinfoseekで探したらファイルが消えて
いました。会社のホームページはあったけど・・・
49800円だったらしいです。もう生産中止なんだろうか。
10 投稿者:結構高そうだけど 投稿日:99年05月20日(木)01時23分22秒
こんなのもあるよ。
http://www.horizon.co.jp/binder4.html
11 投稿者:ブロンコス 投稿日:99年05月20日(木)01時32分17秒
確か、「とじたくん」なんていうのもあるよ。
どこのメーカーか忘れたけど。
12 投稿者:ソースはブルドック 投稿日:99年05月20日(木)02時07分16秒
アスクルとかオフィスデポのHPにいけばあるんじゃないかな?
確認してみてくださいな

20日過ぎると読売なんかにそのテの商品の広告が良く出稿されてます
13 投稿者:出っ歯の亀吉 投稿日:99年05月20日(木)05時18分31秒
 げへへへへ何も買わなくてもいいでヤンすよ。

 立派な本の作り方。
○本の本体になる部分(原稿など)を大きな輪ゴムなどできれいに成型し束ねるでゲス。
○ホットボンド(東急ハンズもしくは大工系ディスカウント屋・二千円)を熱で溶かして一辺を接着するでゲス。
○接着した部分(一辺)を和紙などで綺麗に綴じるでゲス。この部分と表紙を接着するでゲス。和紙は表と裏のページ部分には1cmくらいとりましょう。
○厚紙に皮か布を張るでゲス。皮などに金箔処理で題名なんかをつければ最高でゲス。丁寧に仕事をするでゲス。あせっちゃ失敗するでゲス。
○表紙と本体の和紙部分を完璧に綺麗に接着(ホットボンド等)←この時本体の和紙部分と表紙部分の一部がくっつくので大体1cmくらいで表・裏表紙は折っておくでゲス。
 以上でゲス。分かってもらえたでゲスか?接着が命でゲスよ。丁寧に空気が入らないようにしないと後でバラけたりするでゲス。本当は本体を針とたこ糸を使って束ねると最高でゲス。
 役に立つとも思えませんが、まぁ、アッシはただの覗きでゲスから適当に聞いておくんなさいよ。
 アッシはこの方法で覗き資料を皮綴じの本にして整理してるでゲス。
 小学校のときに学校で習ったことを自分なりに研究したでゲス。お役に立てれば
幸いでゲス。
 ハイごめんなさいゴメンナサイヨ。             (>w<)
前
縛乳痴漢搾電車さんへ
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
フォーカス視た人いる?
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith