Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
1阪神 投稿者:シュラとマリア 投稿日:99年05月13日(木)02時14分39秒
昔、ある日男が一人やってきて、その岬の波のどよめく陽のささぬ浜辺に立ってこう言った。
「この海原ごしに呼びかけて 船に警告してやる声がいる。その声を作ってやろう。
 これまでにあったどんな時間、どんな霧にも似合った声をつくってやろう。
 たとえば夜ふけてある、きみのそばのからっぽのベッド、訪のうて人の誰もいない家、
 また葉の散ってしまった晩秋の木々に似合った・・・・そんな音をつくってやろう」
2 投稿者:読者っち 投稿日:99年05月13日(木)02時20分19秒
その音を聞けば皆(ああ,忘れた,ないんだよなぁ〜ブラッドベリ)
3 投稿者:LUNA PEA 投稿日:99年05月13日(木)02時26分53秒
そんなことより、ハレー彗星を呼ばねば
4 投稿者:サルベージ 投稿日:99年05月13日(木)17時18分24秒
  
5 投稿者:ミスR 投稿日:99年05月13日(木)18時03分14秒
あれ? これって夢の遊民社の『半神』じゃないんですか?
見に行った覚えがある‥‥元は萩尾望都でしたっけ?
6 投稿者:そーです 投稿日:99年05月13日(木)18時59分37秒
夢の遊民社『半神』でも引用されてました。
モトはレイ・ブラッドベリの短編『霧笛』です。
前
皆のリンクはどこですか?
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
毎日何処かに説明つかないものが
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith