Welcome Guest
コンテンツ
ホームページ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

Google AdSense
靴屋の検索
トップ  >  あめぞうの過去ログ  >  尊師の教え
1尊師の教え 投稿者:尊師 投稿日:99年05月09日(日)12時11分43秒
◎死を見つめよ!
 人は死ぬ、必ず死ぬ、絶対死ぬ、死は避けらんない。

 この日本仏教において、生だけを見つめさせ、生において、つまり生きるということにおいての幸福だけを説きます。しかし、この生きる期間はあまりにも短すぎる。そしてあまりにもはかなさすぎる。

 わたしたちのターゲットは、この世だけではなく、死、死を境とした来世をしっかりと見つめ、それを超え、確信を持って輪廻転生したいものです。


(91.2.9 仙台)



◎避けられない死
 人は死ぬ、必ず死ぬ、絶対死ぬ、死は避けられない。

 それと同じように、わたしたちには老いもあるし、あるいは病もあるし、あるいは苦しい生存、例えば地獄や動物や低級霊域といった苦しい生存も存在しているんだということを認識すべきである。

 そして、それをいかに捨断し、進化し、高い世界で安住し、そこからジャンプし、本当の意味での自由になれるかどうかは、今生あなた方が何をどのように考え具足するかで決まるんだということを言って今日の講話の終わりとしたいと思う。
 この、ごく当たり前のことを理解するということは、非常に大切である。では何が大切なのかと。それは、深く理解すればするほど、それだけ対象に対する準備を怠らないからである。


(93.12.11 亀戸)
8 投稿者:裸藻酢瑠偉 投稿日:99年05月09日(日)13時05分31秒
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシ>コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤル
コロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシテヤルコロシ
9 投稿者:きっき 投稿日:99年05月09日(日)13時09分40秒
長いです。
まわっしゃいますか?邪魔だと思います。
10 投稿者:じゃまだ 投稿日:99年05月09日(日)13時18分00秒
まあ、スレッドたてた奴が一番悪いんだが。
11 投稿者:便乗人間 投稿日:99年05月09日(日)14時10分39秒
◎一切は無常
 君たちに質問しよう。君たちの周りで、永遠の生命を持っている者を知っているか、君たちは。どうだ。知っているか。永遠の肉体を保持し、永遠の生命を持っている者を知っているか、君たちは。
――ということは、この色はどうだ、無常か、無常ではないか。
 では、君たちの中で、絶えず変わらない心を持っている者を知っているか。
――じゃあ、心というのは無常か、無常ではないか。
 じゃあ、君たちの中で、小さいときから死を超越し、目・耳・鼻・口、そして感覚といった機能が一切衰えない人を知っているか。
――では、感覚は無常か無常ではないか。
 では、君たちの中で、前生も親子であったと、今生も親子であると、来世も親子であると、その次の生も親子であると、ね、永遠に親子である、永遠に夫婦である、あるいは永遠に恋人である、ね、こういう関係を知っているか、君たちは。
――だとするならば、人と人との関係は無常か、無常ではないか。
 一切が無常である。ね。
 それはちょうど、ここに大木があり、その大木が季節を通じて変化し、そして秋になれません。
 そして、この宇宙の構成も同じです。その創造、維持、破壊という無常、これをサンスクリット語で表わした場合、それは「オウム」という言葉になります。
 つまり、絶対の真理の本質の中心である、宇宙の無常を表わす「オウム」と、それから「真理」というものの複合的な名称、これが「オウム真理教」の由来なのです。



(真理探究 1)



◎無常から生じる苦しみ
 すべては無常です。
 無常というのは、情けがないということではない。すべては転変する、流転するという意味なんだね。つまり、生じたものは、維持され、そして滅するということなんだよ。
 そして、その世界に没入している限り、わたしたちは、生じるときの喜び、あるいは維持させようとする苦悩、そして滅するときの苦しみに支配されなければならない。


(89.2.11 名古屋)



◎生きている限り存在する苦しみ
 一切の法は崩れる。一切の形あるものは崩れる。そして、わたしたちは必ず死に、病み、老いる。
 そして、わたしたちがこの世で生きる限り、必ず楽の裏には苦があり、喜びの裏には憂いがある。
 それを察知した釈迦そしてこの日本の社会とのぶつかり合いの背景にあるもの、それは、宗教上の違いということができる。
 では、一体何が違うのか。それは、今の日本の社会は唯物的自由主義と。あるいは、無常を目隠しし、常と見、この人間の世界においていかに快楽を享受するか、五妙欲を満足させるかということが、この日本の社会を形成している根本となっているものである。
 そして、逆にオウム真理教は、原始仏教と、あるいはタントラ密教をミックスした、無常を背景とした宗教ということができる。
 これはわたしの修行動機でもあるし、あるいは、いにしえの仏陀方の修行に入られた動機でもある。
 それは、この無常の世界を出離したいと。そして本当に壊れない、安定した、不変のものを勝ち取りたいと。あるいは、この病多き肉体、老い、死というものを超越した、ビビッドな、そして永続性のある意識状態に到達したいと。つまり不死に到達したいと願うこと、そしてその実践。そして実際にその到達。これがオウム真理教の教えである。
 そしてこれは、今組み立てられているオウム真理教の修行システムを確実に一歩一歩、歩を進めていけば到達できる、だれにでも手の届く世界なのだということを
12 投稿者:僕もわしも 投稿日:99年05月09日(日)14時20分26秒
(AIR-G)モーニング娘。スペシャル1 投稿者:シロクマ君の眉毛  投稿日:05月04
日(火)06時03分17秒

(真夏の光線が流れる。)
全:モーニング娘。スペシャル、真夏の光線!
全:こんばんわ!
ゆ:モーニング娘。の中澤裕子です。
あ:石黒彩です。
ま:矢口真里です。
さ:市井沙耶香です。
け:保田圭です。
な:安倍なつみです。
全:はっはっは
か:飯田圭織です。
ゆ:ねえ、こんばんわ。
な:おばんです。
ゆ:ちょっともうすごいよ。
ま:1時間番組。
全:ようし!
か:すごいよね。
な:娘。やったね!
ゆ:娘。しかいないんだよ。
全:そう、
な:がんばろうね。
あ:がんばるよ。
か:いいじゃん!
ゆ:長いねえ。
な:大丈夫。大丈夫!
か:でもね。1時間もあるってこてわさぁ。いっぱい話せるってことジャン。
ゆ:そうだねぇ!
全:そうだね。

か:なんやねん、それ!意味ありげ〜
ゆ:あの〜、時間的にちょっとヤバイ事はやめてくださいね。
ま:あっ、そっか、は〜い。は〜い、すいません。
ゆ:はい、よろしくお願いします。
か:はい、
ゆ:早速ですが、一曲目行きますか?
全:そうだね!
ゆ:ね、一曲目は、
か:ん。モーニング、
あ:私たちの、
ゆ:そう、モーニングコーヒーなんだけども。
な:はい、
ゆ:この曲はどうよ?彩っぺ?
な:これは5人の時の曲だよね。
ゆ:そうだね。デビュー曲の1月28日出した。
な:そうだね。
か:赤、あのチェックのスカートはいて、
ゆ:あ〜〜
な:白のパーカーに、
ゆ:明日香がね。いろいろ悩んでたねぇ。
な:そうだよね。
か:う〜ん。
ゆ:あ〜、懐かし、聞いてた?
け:私たち、見てました。
さ&ま:うん。テレビとか見てた。
な:う〜ん、緊張しまくりだったもんね。番組出る時とか、
ゆ:だよねぇ〜。
か:う〜ん。
ま:っふ。
13 投稿者:悪いが 投稿日:99年05月09日(日)14時21分14秒
誰も読んでないぜ。
14 投稿者:こういう吉害が 投稿日:99年05月09日(日)14時23分04秒
あめぞうを荒廃させている。
本スレッドの削除を要請する。
前
ニャンちゅうを流行らせて
カテゴリートップ
あめぞうの過去ログ
次
ひろゆきを
Copyright © 2001-2012 Shoemaker Smith